本文へスキップ

骨盤のゆがみを戻す方法で体の不調が回復

骨盤のゆがみを戻す方法で体の不調が回復骨盤のゆがみと体の不調

骨盤のゆがみを戻す方法で体の不調が回復

右の腰だけに痛みを感じるようになり、ぎっくり腰になったのかと考えていたら骨盤のゆがみが原因だったことがありました。ぎっくり腰ならしばらく安静にしていれば良くなると信じて何も対処していなかったら、次第に悪化して右側だけ肩こりや頭痛、最後にはめまいなども起こすようになりました。

自分で真っすぐに立ったつもりでいてもバランスが悪くなっていて、腰の高さが大きく違うことで骨盤のゆがみが大きくあることを知りました。その影響が姿勢の悪さにつながり、背骨や頭がバランスを取ろうとしたためズレが大きくなって頭痛やめまいにまで発展していました。肩の高さも驚くほど違っていて、こうした体の全体的なゆがみが血流を低下させていたことも色んな症状を併発させた要因でした。

骨盤は左右に回すだけでもズレが戻ることを知ったのですが、もっと効果的な方法はバスタオルなどを丸めて10cmくらいの太さにして、仰向けに寝たときに腰の下にいれるやり方です。骨盤の位置が調整されるだけではなく背骨も伸びて猫背などにも有効性があります。慣れないうちはタオルを腰の下に入れただけでも激痛なのですが、慣れてくると長時間入れても大丈夫になります。腰に負担をかけないためにも、1回5分程度がベストな時間だと教わりました。

寝ている間や普段の生活の癖ですぐにまたゆがみが出てくるため、骨盤の高さが調節できても続けていくことが大切で、徐々に体の不調も回復して、痛みも出ないようになってきました。


骨盤