本文へスキップ

骨盤のゆがみを治すと血流が良くなる?

骨盤のゆがみを治すと、血流が良くなる?骨盤のゆがみと血流


骨盤のゆがみは、身体に色々な悪影響があると言われています。
骨盤とは主に2つの腸骨と1つの仙骨が組み合わされたものであり、身体の中心に位置するとても大事な個所になります。骨盤の中には、リンパ管や、人間の身体の中で最も太い動脈が通っており、ゆがみの為に、この太い動脈が圧迫されると、血流が悪くなり、身体のむくみや冷え症などの症状が現れる事があります。

身体のむくみや冷え症は、様々な病気や肥満の原因になる事もあります。PMSの症状などを悪化させるのもその一つです。美容や健康の維持の為にも、骨盤のゆがみを改善する事は大事な事だと言えます。ゆがみには、主に3つのタイプがあると言われています。1つめは、まっすぐの状態から前に倒れている状態や、後ろに倒れている状態です。2つめは、左右に傾いている状態です。3つめは、ねじれている状態です。

骨盤が歪んでいるかチェックするには、目を瞑って30回足踏みをしてみるとわかります。30センチ以上もと居た場所から離れてしまっていると、歪みがあるかもしれません。前や後ろに離れている場合は前後に、左や右に離れている場合には左右に、斜めに離れている場合にはねじれている可能性があります。

生活習慣の見直しや、ストレッチなどを日常的に行うのが、ゆがみの改善には効果的です。立っている時や、座っている時にも常に骨盤を立てて、まっすぐにし、脚を片側だけで組まないように気を付けましょう。荷物やバッグを持つ時にも片側だけで持たないようにします。ストレッチも、長く続ける事が大事なので、無理をし過ぎ無い程度に生活に組み入れると良いでしょう。

ストレッチする女性