本文へスキップ

骨盤のゆがみを解消する方法

骨盤のゆがみを解消する方法

骨盤の構造とゆがみの原因

骨盤は、背骨と同じく体の中心です。特に、丈夫の背骨を支え、下では二本の足の動きをつかさどっていることを考えると、人体の中心であり、そのための体の「要」ともいわれています。しかも、骨の中にはたくさんの神経や血管が通っています。それだけに、そこががゆがむと体調不良を起こしいろいろなところに問題が出てきます。
骨盤のゆがみの原因は、どんなものがあるでしょうか?
その前に、骨盤の仕組みを理解しましょう。骨盤は、一つではなく、左右対称な骨と真ん中の骨の3つの骨が組み合わされてできています。そのため、どちらかに負荷がかかりそちらの方向へゆがみます。

骨盤がゆがむ原因は、一言で言えば生活習慣にあります。
例えば、一方に負荷をかける場合です。足のどちらか一方を他の足の上に乗せて組んで座る。重たいショルダーバックを常に片方の肩だけに下げる。片方の手に荷物を長時間持つ。
このように無意識に片方にだけかけていると、その分ゆがんでしまいます。さらに、体重のかけ方にも問題があります。
例えば、机で頬杖をつく。猫背でアンバランスな座り方を長時間続ける。無意識に歩くときにどちらか一方だけに力を入れて歩くなどです。要するにアンバランスな状態にしたり、アンバランスに力をかけたりすると、骨盤の片方だけに負荷がかかるために、そちらにゆがみます。これらのことは自覚すれば、自分でも気をつけることができるために、普段からできるだけ片方にだけ負荷がかからないようにすることです。


骨盤 ゆがみ